その名の通り。更新は気まぐれで行うため、全く更新されないこともあり。 気が付けば、戦場の絆にお金をつぎ込む毎日。いい加減お金無いぜ!現在、上手いQD外しの検証中。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

夢があるから、強くなるのよ~

今日、ずっと見ていなかった「涼宮ハルヒの憂鬱」の最終話を見ました。正直鳥肌たちました。なんでこんなに出来がいいんだ…はぁ、オレにもこんな出来がいいアニメ作れないかなぁ、と思いますが、それはおそらく一生無理な話なのでスルーしましょう。まぁ、ひとつ言うなら、他のアニメを制作している会社は京アニを見習うべきだと。
他にも、ハルヒやキョンの声優は合いすぎ…。キョンとかどうしようもないくらいに完璧なんですが。今度から小説の方を読むときはこの声を思い出しながら読ませていただきます。
他にも色々と言いたい事はあるのですが、これは皆さん個人が自分自身で見たほうが面白いと思いますので控えさせていただきます。ていうか、アニメもいいけど原作も良いのでどっちも見ることをオススメします。後、続編やるなら声優変えちゃいかん。でも、やるとしても今回の「憂鬱」みたいな素晴らしい終わり方はまず出来ないだろうなぁ…原作でも「憂鬱」の終わり方が一番いいと思いますし。

ここより↓は特に書きたいと思って書くというよりは「とりあえず久しぶりなので長めに書こう。」と思って書く程度です。なので過度の期待は禁物です(ぇー


「人生と言うものは一度しかないのだから、悔いは残さずに生きる。」と何度も思ったことはあるのですが、実際には悔いが残りそうな人生をガンガン送ってる気がしてなりません。ですが、実際に自分が死ぬときが来たらそんなことはないんだろうなぁ…恐らく、人生というものを体験出来ただけで普通は悔いなんて残らない気がする。今まで生きた中でどんなに「自分は不幸だ」と思っても、いざ振り返ってみると不思議なことに楽しい思い出が思い浮かぶものです。何気ない日常の中で過ごした日々も、そんな日常から外れた非日常の中でも、その時は「辛い、嫌だ」と思っていても何故か振り返ると、嫌だと思っていたことが思い出になっていること、ありませんか?つまり、生きているということはそれだけで幸せな思い出を多く作るものだと思います。喜びは残れど悔いは残らない。もし「まだ何かしたいことがあった」と死ぬ前に思うのは悔いと言うよりは「贅沢を言えばこれがしたかった」と言うだけな気がいたします。

※これは私の独断と偏見が入っていますので、あまり大真面目に受け取らなくて結構です。


それでは、何を書きたかったのか正直意味不明な気がいたしますが、これにて閉幕です(^^ノシ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ravens.blog5.fc2.com/tb.php/62-8d1b6aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。