その名の通り。更新は気まぐれで行うため、全く更新されないこともあり。 気が付けば、戦場の絆にお金をつぎ込む毎日。いい加減お金無いぜ!現在、上手いQD外しの検証中。

2006/05123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

団長のくせにまともなこと書いてみました

いい加減更新しないと怒られそうなので更新します。いや、もう怒られてるけどさ(苦笑

ネタ・・はたくさんありますが、5月と6月に読んだ本の感想等を書いていないので書こうかと…思いましたがヤメです。他に興味あることが出来ましたのでw

昨日買ってきた乙一の新刊(多分)「失はれる物語」
久しぶりに心の底から読みたくなる本。キタコレ!乙一は読むと脳内で危ない液体がドクドク出てくる感じになります。あー・・でも「GOTH」の森野は可愛かった。(ぇ
正直今にも読みたくてうずうずしてるのは内緒ですwはぁ、さっさと「しにがみのバラッド7」読み終えないとなぁ…「しにバラ」は最初の方こそ面白かったすえ、今ではなんとも言えないダラダラ感が漂ってきてます。うーん・・4くらいまでで止めておくべきだったか。まぁ、それでも百々が可愛いから許すわけですが(ぉ

続いてついに買ってしまった「ゼロの使い魔」
あぁ、仕方ない。今までずっと読みたかったんだから…むしろ今まで買っていなかったのが不思議なくらいです。でも雰囲気的に5~6まで読んだらつまらなくなりそうな予感が(^^;

ついでに他にいまちょっと欲しい本

シフト―世界はクリアを待っている―/著者:うえお久光
海の底/著者:有川 浩
空の中/著者:有川 浩

この3つです。
「シフト」はあの「悪魔のミカタ」でお馴染みのうえお久光!ごめん、読んだことないorz でも、表紙等々から判断するにちょっと期待してもよさそう。下手するの50ページ以内に飽きる内容な気もするけど。

「空の中」と「海の底」は「塩の街」で第10回電撃小説大賞の大賞に輝いた有川浩氏。正直「空の中」よりも「海の底」のほうが面白そうな予感満々。ていうか海の底ってLeMU?(違 とかそんな意味不明な発言はおいておくとして
「これが機動隊への最後の命令となる。―――死んでこい」
この言葉に惹かれた!ていうかこれは読まなきゃ損な気がする。定価1680円だけどな。高いよ!(←とかいいつつ今日も5000円ほど散財した奴)


んー・・久しぶりだから変な箇所あるかも。ていうかどっちかというとネタがまとも?wなんかもっと面白いこと書いて欲しい人がいたらメールなり直に言うなりしてください。正直、ネタありすぎて困ってるので(ぁ では~♪
[団長のくせにまともなこと書いてみました]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。