その名の通り。更新は気まぐれで行うため、全く更新されないこともあり。 気が付けば、戦場の絆にお金をつぎ込む毎日。いい加減お金無いぜ!現在、上手いQD外しの検証中。

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Starlight Breaker ‐其は心‐

今日は、「魔法少女リリカルなのは」を最終話まで見ました。
あれは一体なんなんでしょう。なんかこれ書いてる時点で思いっきり涙ぐんでるんですが。泣いてないのは正直奇跡。というか、多分PCが横にあったから。起動してなかったら確実に泣いてたね…はは、涙腺に溜まるに溜まった涙が今にも…零れてますよ。

あぁ、とてつもなくネタバレがしたい。でも絶対にしない。したらこれから見る人たちに失礼だから。とりあえず知り合いには見せる。強請するまではしないけど、これは見たほうがいいと思うから。伝わるか分からないけど、もしも伝わるならと思って書きます。「CLANNAD」に匹敵するほどに泣けます。つまり、泣けなかったら人としておかしいと言える位に。

私は感情をうまく人に伝えることは出来ない。それは、自分が抱く感情を言葉に上手く表せられないからだ。語彙が少ない、それは認める。確かに私は頭も良くないし、要領も悪い。でも、そんな自分でも簡潔な言葉であれば人に感情を伝えられる。だから、一言だけ。自分が「魔法少女リリカルなのは」を見て感じた感情を書かせていただきます。

「心」

私を知っている方なら分かってほしい。知っているからこそ分かってほしい。普段からあんなに変にハイテンションだったり(馬鹿とも言いますが)、何に対しても楽天的だったり、どんなゲームに置いても支離滅裂にしか話せなかったり…だからこそ。だからこそ!たった、これだけの言葉に秘めた想いを汲み取ってほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。