その名の通り。更新は気まぐれで行うため、全く更新されないこともあり。 気が付けば、戦場の絆にお金をつぎ込む毎日。いい加減お金無いぜ!現在、上手いQD外しの検証中。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

精神的ダメージ過多による損害賠償を求める!

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


いじめだ、陰謀だ、何かの策略だ

世界の終わりだ




これは夢だ



そうだ、夢だ、夢なんだ。オレのフェイトがBJを変えるなんて有り得ない。オレのフェイトが愛しのお兄ちゃんを裏切るわけが無い、オレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトがオレのフェイトが……


オレのフェイトがぁぁぁ!!


そう、フェイトに限ってそれはない。断言出来る。あれはきっと仮の状態のおBJで本当の姿は昔のBJなんだよ。絶対そうだ。そうじゃなきゃ納得できない。それともあれか、お兄ちゃんの前でだけは昔のBJ着てくれるのか、いいな、それ最高だ。ていうかクロノとかいう人はフェイトのお兄ちゃんじゃありません。えぇ、ありません。エイミィと結婚するならしちゃってください。そしてリンディさんこっちに回して下s(ry)

いや、なんていうかStrikerS…感想なんて言ってる場合かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!何書いてあったか覚えてないよ、覚えてても書く余裕ないよ。てかなのはとはやてのBJ変わってなかったよ。フェイトのだけ変わってるように見えたよ。なんていうかやっぱり予測した通りにクロノが執務官時に着てたようなのに変わってるよ。あぁ、そうか、執務官はそういう服着るルールなのか。そうか、そうなのか!でも…認めねぇ、認めねぇぞ。オレはぜってぇ認めねぇ!でも、でもな…




フェイト可愛い!





これだけは事実だ
[精神的ダメージ過多による損害賠償を求める!]の続きを読む
スポンサーサイト
記事編集

誓い

こんにちは、相も変わらず勉強が進まないルナです。いや、有機の範囲とか長いし…無機とか範囲知らないし……。これ落としたら流石にヤバイよなぁ…やらないとorz

とか、本気で思っていたのですが、ちょっと「なのはA's」を見ていたら胸が熱くなって仕方ありません。11話とか見たら泣くしかないでしょ…。というか、11話のはやてが闇の書に新たな名前を与えるところから涙が溢れ出て、今し方まで止まらなかったんですが。なんで、こんなにもいいアニメをリアタイで見ていなかったのだろう…何度書いても書き足りないほどに後悔。というか、すでにオレの中ではアニメという枠なんてもの、当に超えてます。オレの全てと言っても恥ずかしくない!!

正直、私は「なのは&なのはA's」を見て、自分を変えようと真面目に思いました。きっかけはなんでもいい、その心が本当なら変われるはず。その気持ちを「嘘」にしないためにも、ここにそのことを記し、「真実」にするために頑張っていきたいと思います。

「私、ルナことタクトは、今日より今までの自分を変えるために努力をすることを誓います。」

こんなことを書いても、私のことだろうから何度も挫折しそうになったり、諦めようとすると思います。でも、そういうときにこそ、今自分が書いたこの文章を読み、初心に帰りたいと思います。

種は蒔かれた。その種子を伸ばすも枯らすも自分次第。そなたの言葉が真ならば種子は目を出し、花開くだろう。だが偽りならば種子は枯れ、大地は枯渇するだろう。行かれよ、そなたの行く末に繁栄が在らんことを。

記事編集

ヴィータ「仲間か…!?」フェイト「嫁だ…!!」

昨日購入した漫画等のリスト及び感想を書こうと思ってたけど、「なのはA's」を見てたらどうでも良くなったルナです。いや、フェイト可愛いよフェイト。
よし、2月は確か、うちの高校でマラソン大会が開かれたはずだから、それに参加して、「フェイト、フェイト」「可愛い、可愛い」のローテーションで叫びながら走るか!フッ、いくら運動してないからといっても、オレの速さ(マラソンのみ)に付いてこれるやつはせいぜい全体の10%くらいであろう…ふっふっふ、見ておれ!習志野駐屯地(自衛隊)に旋風を引き起こしてくれよう!!

ビバ、フェイト!!

フェイト、一発!!

・・・顔文字はやめておこう。誤解されそうだ。


っておー・・気づいたら勉強やってねー。ひょろさん、あんたがあんなもん貸すから!!おかげでオレはハッピーでハッピーで仕方ないじゃないか!!心の底からありがとう。愛してはないけど、大切な友達だよ!はぅあ!「恥ずかしいセリフ禁止!」とか言わないでー。


・・・あっ、そういえば「ARIA」全巻買ったんだった…。ふむ、このセリフ言って思い出した。さて、今から読んで来ますか。ではでは、これにてさよーなり~。堕(駄)文ですいません(死
記事編集

Starlight Breaker ‐其は心‐

今日は、「魔法少女リリカルなのは」を最終話まで見ました。
あれは一体なんなんでしょう。なんかこれ書いてる時点で思いっきり涙ぐんでるんですが。泣いてないのは正直奇跡。というか、多分PCが横にあったから。起動してなかったら確実に泣いてたね…はは、涙腺に溜まるに溜まった涙が今にも…零れてますよ。

あぁ、とてつもなくネタバレがしたい。でも絶対にしない。したらこれから見る人たちに失礼だから。とりあえず知り合いには見せる。強請するまではしないけど、これは見たほうがいいと思うから。伝わるか分からないけど、もしも伝わるならと思って書きます。「CLANNAD」に匹敵するほどに泣けます。つまり、泣けなかったら人としておかしいと言える位に。

私は感情をうまく人に伝えることは出来ない。それは、自分が抱く感情を言葉に上手く表せられないからだ。語彙が少ない、それは認める。確かに私は頭も良くないし、要領も悪い。でも、そんな自分でも簡潔な言葉であれば人に感情を伝えられる。だから、一言だけ。自分が「魔法少女リリカルなのは」を見て感じた感情を書かせていただきます。

「心」

私を知っている方なら分かってほしい。知っているからこそ分かってほしい。普段からあんなに変にハイテンションだったり(馬鹿とも言いますが)、何に対しても楽天的だったり、どんなゲームに置いても支離滅裂にしか話せなかったり…だからこそ。だからこそ!たった、これだけの言葉に秘めた想いを汲み取ってほしい。
記事編集

「Eternal」それは「永遠」と言う意味の単語

ヤバい…コミケの感想が0,5秒で吹き飛んだ。

なのはA'sの最終回のEDのキャプを偶然見かけたのですが、それ見ただけで泣いた。A'sでの登場キャラとか全く知らないのに泣いた。なんで泣いたのかさっぱり理解できないけど泣いた。なんでだろ…本気で理解できない。ってか涙止まりません。書いてある文字を読んだとかじゃなくて、画像クリックして表示された瞬間急に「じわっ」って来て泣きました…。ホントなんでだろ…誰か教えて。


―――と、久しくブログを書いてる途中に理性が戻ってきたので言わせて貰います。
実は、私は結構(かなり)涙もろいです。Kanon,AIRは勿論、CLANNAD,水夏…など、あげれば限がないないほどに泣いたゲームはあります。もちろん、アニメでも結構泣いたりもするのですが、話の中身をロクに知らないアニメの絵をパッと見ただけで泣いたことはありません(一応無印の方は10話まで見ましたが)。むしろ、いくら涙もろいとしてもいきなり絵を見た瞬間に泣く人はおそらく居ないと思います。
例えば、ゲームで言うならば話は勿論のこと、そこに行き着くまでの過程を知り、主人公及びその他のキャラクターへの感情の移入が在ってこそ「泣く」という行動を取れるのだと思います。勿論、それはアニメでも同じことを言えます。ゲームとは違い、「自分が主人公」と言うわけにはいきませんが、同じようにそこまでの過程を知り、キャラそれぞれへの感情移入があってこそ泣けるのだと思います。
つまり、どちらにしろ「泣く」という行動に至るまでは、その物語全体を知り、登場する人物への「想い」が無ければ成し得ません。

では、何故私は「見たことも無い作品の最終回のEDの絵を見て泣いたのか?」
確かに、登場人物の名前は大方は知っております。ですが、勿論知らないキャラクターも居ますし、ましてや話の内容は物語の紹介文をちょろちょろっと読んだくらいで、「闇の書というものがあってそれが復活、あるいは発見されたなどの何かしらの現象が起こり、それを封印するために時空管理局に属する『なのは』達がそれを追っている。」くらいの解釈しかしておりません。にも関わらずに全ての事が終わった後の数年後の未来の映像を、ほんの一瞬、一秒にも満たない時間。本当に「視た」だけで「見た」にすら至っていないのに「泣いた」というのはおかしいと思うんです。しかも、属に言う「詰め合わせ」というもので一枚の絵をデカデカと表示させたわけではなく、何枚,何十枚もの画像を一度に表示させている状態で。
先程私が書いたことに全て反している状態。いわゆる”矛盾”なのですが、とにかく私は「泣い」てしまった。気持ち悪いという人が居るかもしれませんが、心が震えてしまった。ほとんどロクに知らないことに心底「感動」を覚えた。


「魔法少女リリカルなのは」「魔法少女リリカルなのはA's」
私はまだ「なのはA's」は愚か「なのは」も全話見ていない、知ったかぶりな人間だとは思いますが、この作品は現代における最高の作品と言わせて頂きます。
当たり前のことですが、これは私の私的意見であり、世間は愚か、このブログを見ている人にすら相手にされないようなことだと思います。言っている私自身ですら、『本当にそうなのだろうか?』と疑問を抱えるくらいです。
ですが、今までどのような作品であっても「音も無く、ただ絵だけを見て泣いた」ということはありません。こういうと批判をなさる方もいらっしゃると思いますが、「世界的に美術価値のある物(建物,絵画等)を観た時に覚える感慨」と相違無い、場合によってはそれ以上のもの感じました。なので、おそらくは私の感情に間違いは無いと思います。いや、無い。


ここに宣言致します。私、タクトにとって「魔法少女リリカルなのは」及び「魔法少女リリカルなのはA's」は生涯出会った中で、最高の作品であると。そして同時に、永遠に不変であると。
そして、こんなまとまりのない文章であっても読んでくれた皆様に、感謝の意を捧げさせて頂きます。真に有り難うございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。